Miniswap路線図.

第一段階 生態起動計画

我々は、生態初期化トークンでMiniSwapを起動させ、且つ、我々のコニュニティーに報います。MiniSwap生態システムのトークン総数はMINI 10億枚です。その中で、1.57億枚のMINIは私募の形式で発行されます。私募の後、ユーザーはコニュニティー奨励計画を通して、トークンを取得します。早期支持者奨励は、MINI生態の早期投資者のために設けられるものです。共に30ラウンドの引き換え機会があり、ユーザーはETHでMINIトークンを引き換えることができます。ラウンドの増加に伴って、MINIの価格もだんだん増加します。ですから、支持者は早く生態起動計画に参加すれば早いほど、取得できる奨励収益が高くなります。

資金池は階段式引き換え計算法を使います。
第一ラウンドの私募には、1つのETHが100901枚のMINIを引き換えられ、総数は2018039枚です。
第二ラウンドの私募には、1つのETHが93838枚のMINIを引き換えられ、総数は2815164枚です。
第十ラウンドの私募には、1つのETHが52510枚のMINIを引き換えられ、総数は5776154枚です。
このように類推します。

ミニスワップ私募プール

20ETH : 2018039MINI
Round 1: 1ETH=100901MINI
........
........
110ETH : 5776154MINI
Round 10: 1ETH=52510MINI
........
........
210ETH : 5336971MINI
Round 20: 1ETH=25414MINI
........
........
310ETH : 3813000MINI
Round 30: 1ETH=12300MINI

第二段階 分布式自動化取引プラットフォーム MiniSwap Genesis

MiniSwap Genesisはイーサリアム(Ethereum)に基づくデセントラリゼーション(decentralization)と自動的な取引プラットフォームです。このプラットフォームには、二つのカギとなる概念が用いられました。一つ目のカギとなる概念は流動性池です。流動性提供者はトークンを池に入れ、取引者はイーサリアム チェーンに任意のトークン対を交換できます。二つ目のカギとなる概念は、取引がマイニングのようだというモードです。取引者の各取引は、みなMiniSwapが提供する奨励を取得できます。且つ、各取引に対して、流動性提供者とMINI保有者は、またコミュニティ奨励を取得します。

1、価格預言機

MiniSwapは与えられた如何なるトークン対の価格を動的に調整します。piは時点tiの価格だと仮定します。精確に言えば、時点tiから∆t時間を経過した後、トークン A∈TでトークンBを交換する購入価格がpiで、∆tは:

すべての参加者はこの預言機を訪問して、価格(つまり、ある時間帯の平均価格)を見積ることができます。では、瞬時価格を使うと現れる可能性がある問題を分析しましょう。p¯Aを仮定して、Biは時点tiでトークンAで一つの単位のトークンBを購入する瞬時価格です。計算方法は下記の通りです。

2、流動性池

MiniSwapは流動池で任意資産に流動性を提供します。任意の数字資産(A, B∈T )に対して、MiniSwapデセントラリゼーション(decentralization)取引所で保存された予備金は、すべて下記の線形関係を従います。

その中で、Kは仮定義の常数です。 流動性提供者は線形関係によって、自分のトークンを流動池に入れます。この時、池に入れる各トークンAに対して、流動性提供者は定義の関係に従って、幾つかのトークンBを池に入れる必要もあります。取引者はMiniSwapで使える如何なる資産対を交換できます。資産交換は知能取引契約を通してシームレスに完成でき、且つ、遅延があるかどうか確認できます。取引者がトークンBを購入するには必要なトークンAの数量をnAに仮定して、fは取引の時の手数料です。下記の計算式の通り、取引者はnB枚のトークンBを取得します。

3、取引はマイニングのようです Transaction-Fee-Mining

Miniswapの中に、1つの取引が確認されたら、取引費用の2倍のMINIが発掘されます。その中で、50%は取引者に帰属し、残りの50%は流動性提供者によって保有されます。

Miniswapで発生したすべての手数料は、MINIの購入に用いられます。その中で、50%はトークン保有者に配分され、残りの50%は直接に廃棄されます。

取引はマイニングのようです説明

第四段階 分布式金融システムMiniSwap DeFi

1、アメリカ式オプション

アメリカ式オプションについて、簡単に言えば、ユーザーは我々のプラットフォームで一定数量のオプション権益を購入して(テーク ポジション(take position)と理解してもよい)、システムはユーザーの購入方向と未来の一定時間の相場の勢いによって、ユーザーの営利や欠損を判断して、そしてユーザーにフィードバックします。オプション種類(またはオプション周期と称される)とは、オプションの時間期限を指します。我々のプラットフォームで開通したオプション種類には、1分間、3分間、5分間、15分間、30分間、1時間、12時間、24時間があります。ユーザーは、オプション期限切れの前にエクササイズ(クローズ ポジション(close position))を行うことができ、また、期限切れの後、システムが自動的にエクササイズ(クローズ ポジション(close position))を行うことを待てます。エクササイズを行った後の営利や欠損は、行った時の相場価格とテーク ポジションの価格で判断されます。

プレミアム(premium)とは、現時点でNのオプションを購入すると、ユーザーが支払うべきUSDT金額を指します。つまり、テーク ポジション保証金の金額と理解できます。ユーザーが欠損しても、欠損の金額はプレミアムの数量を超えません。プレミアムはオプション価格と購入数量で計算されます。計算式:プレミアム=オプション購入数量 * オプション価格(増価)

ブレーク イーブン価格(break-even price)とは、文字通り、ユーザーがプレミアムを保全するための相場価格です。相場価格はユーザーの購入方向(ロングやショート)に即して波動して、ブレーク イーブン価格に達す時、ユーザーは欠損しません。さもなければ、ユーザーは欠損します。ですから、ユーザーはテークポジションの時に欠損の状態にあり、必ず相場価格がブレーク イーブン価格に達す時、欠損しません。そして、相場価格が引き続き購入方向に即して波動すると、営利ができます。このようにオプションを理解していいです。

アメリカ式オプションは、金融契約として、買い手が約束した時間より遅くならないように、あらかじめ確定した価格で資産を購入したり、売り出したりすることを許します。あらかじめ確定された価格はストライク プライス(strike price、SP)と称され、約束された時間はオプション周期と称されます。各オプションには、その価格(intrinsic value、IV)があります。オプション価格は、オプションの執行価格と基礎市場の現行価格 (current price、CP)の差です。コールオプションに対して、その内在価格は基礎価格(underlying price) から執行価格を減って得るのです。逆に、プットオプションに対して、その内在価格は執行価格から基礎価格を減って得るのです。

2、アメリカ式オプション保険

ユーザーはテークポジションにおいて、オプションを購入する時、オプション保険も買えます。オプション保険は、ユーザー欠損の時にユーザーに一定数量の資金を補償します。オプション保険の補償は、特定の相場価格区間があります。ユーザーが欠損すれば必ず補償すると意味しません。且つ、保険の補償金額は保証金の一部で、全額補償ではありません。例えば、ユーザーはテークポジションの時に、BTCの10分間ショートオプションを1つ買いました。現在のBTC/USDT相場価格は5000で、オプション価格は12USDT、ブレーク イーブン価格は4988で、プレミアムは1 BTC *12 USDT =12 USDTです。ユーザーはテークポジションの時に、1 USDTで最高補償金が5 USDTのオプション保険を買いました。補償区間は4990-4995です。

上記の条件で計算すれば、下記の幾つかの情況が得られます。

-相場が5000.9999に波動して、且つユーザーがエクササイズを行ってクローズ ポジションをすると、ユーザーの欠損は12 USDTになります。
-相場が4988-5000の間に波動して、且つユーザーがエクササイズを行うと、ユーザーの欠損は12 USDT>欠損>0 USDTになります。
-相場が4990-4995の間に波動して、且つユーザーがエクササイズを行うと、ユーザーは欠損しますが、保険の補償を取得します。補償金額は5 USDT<補償額<0 です。
-相場が4998に波動して、且つユーザーがエクササイズを行うと、ユーザーは営利もないし欠損もなく、12 USDTの資金投入を回収します。
-相場が4998以下に波動して、且つユーザーがエクササイズを行うと、ユーザーは営利して、利益は0 USDT以上です。以上の例はショートオプションです。ロングオプションのロジックもこれと同じで、ただ方向が逆です。ここで説明しません。"

第四段階 分布式金融システム生態ネットMiniSwap Global

MiniSwap DeFiが成熟した後、それが異なるブロックチェーン生態システムの間で通信できるように、我々はMiniSwap Globalを起動させます。

これによって、MiniSwapはデセントラリゼーション(decentralization)の共有できる自動化プラットフォームになり、異なるブロックチェーン生態システムが提供する様々な金融製品の取引に用いられます。

MiniSwap Globalはさらに生態システムネットを構築し、異なるブロックチェーン プラットフォームのシームレスな取引を実現します。初歩計画として、我々はCosmos枠組に似ている設計と原子交換[3]プロトコルを採用します。前者によって、取引者はより速く取引を完成できます。後者によって、完全なポイントツーポイント取引をする時、取引者は如何なる第三者を経過する必要がなくなります。